宅飲み安うまワイン

家で飲んだ安くておいしいワインの記録。

フロレジア・ヴィオラ キアンティ 2019

f:id:blancdenoirs:20210911140624j:plain
f:id:blancdenoirs:20210911140633j:plain

銘柄 フロレジア・ヴィオラ キアンティ 2019

品種 サンジョベーゼ主体

地区・原産国 トスカーナ イタリア

生産者 メリーニ

950円(税込)

 

店長セットの1本。

大手有名どころメリーニのお安いキアンティ。

でも侮れません。

この日のご飯はミートボールパスタ。

101匹わんちゃんで出ていたあれです。

ちょうどよくこのワインが入荷していたので抜栓。

セラーに入っていたので温度もちょうどいい感じ。

色は明るく透明感があるルビーレッド。

まったりしていて、スミレやあんずな感じ。

絶妙なタンニン。チョコレート感もあります。

ダーク系のベリーのような感じもあっていろんな味が楽しめます。

このワイン、何度か飲んでいますが、この日開けたボトルが

一番美味しいと思いました。結構ビン差があるのかもしれません。

2019と若いワインですが熟成感もありました。

パスタにはもちろん言うことなしの相性。

ハンバーガーでも合いそう。

酸味も濃厚な味もあるしっかりサンジョベーゼです。

この値段でこの味なら十分分納得。

ネットだともっとお安く出ていたりしますので

常備ワインにどうぞ。重宝します。

ミュラー・トゥルガウ トレンティーノ 2019

f:id:blancdenoirs:20210911140605j:plain
f:id:blancdenoirs:20210911140615j:plain

銘柄 ミュラー・トゥルガウ トレンティーノ 2019

品種 ミュラー・トゥルガウ

地区・原産国 トレンティーノ アルト アディジェ イタリア

生産者 コンティ ダルコ

1100円(税込)

 

時折お願いするワインショップで店長様にお願いして

特選セットを組んでいただきました。

店長マジックで高コスパにしてくださいます。

その中の1本。

ミュラー・トゥルガウなんてイタリアで造るのねぇとびっくり。

ドイツだけだと思ってました。

ミュラー・トゥルガウは今から20数年前に1本だけ飲みました。

ドイツワインでのラベルに鷲のマークがついてました。

その時の印象は、なんだかはっきりしない味。

多分冷やしすぎてました。

あの頃、白ワインは冷蔵庫でしっかり冷やすものと思っていましたから。

もったいない。

で、このワイン。無謀にもサンマの塩焼きに合わせました。

というか、白ワインでちょうどいい在庫がこれしかなかったのです。

イタリアワインだし、サンマでも大丈夫でしょと強引に抜栓。

色は薄めの金色。ミネラル感があって結構しっかりコクがあります。

駄菓子のラムネのような滋味と甘い酸味。

甘い果実の印象と爽やかさがたくさん。

わずかに発泡感もありますがとても繊細。

アロマというのでしょうかふんわり香っていいワインです。

大人のキリンレモン

サンマにあわせてもOK。

この日のサンマは新物でまだ油感はありません。

そのせいかもしれませんが、サンマのワインのうまみが両方アップして

とてもいい感じでした。

見直しました、ミュラー博士。

 

 

ラビアンカ リグーリア ディ レヴァンテ 2019

f:id:blancdenoirs:20210911140539j:plain
f:id:blancdenoirs:20210911140554j:plain

銘柄 ラビアンカ リグーリア ディ レヴァンテ 2019

品種 ヴェルメンティーノ80%、マルヴァジーア20%

地区・原産国 リグーリア州 イタリア Liguria di Levante I.G.T.(I.G.P.)

生産者 ルナエ

2450円(税込)

 

大好きな生産者です。この蔵はなんでもおいしい。

ヴェルメンティーノはこの蔵でもいろいろありますが、

ネットで探せば黒ラベル、グレーラベルがお手頃価格で出ています。

このワインは新たなアイテムのようで初お目見え。

色は薄めの麦わら色。

ミネラル感があり、コクもしっかり。

優しい口当たりでしなやか。少し熟したすももと柑橘系の香りが

混在します。少しオレンジのようなニュアンスも。

この日のご飯は豚冷しゃぶ、カニカマ・わかめ・きゅうり・茗荷の酢の物、

トマト。

トマトにあわせると甘味が出てあとからミネラル感とクリーミーな感じが出現。

豚冷しゃぶ(ポン酢でいただきました。)だとワインに厚み、複雑さ、おいしい酸味が

広がります。

とってもまろやかで優しいワインです。

これはいい!

フロンテラ カベルネ・ソーヴィニョン 

f:id:blancdenoirs:20210828153434j:plain
f:id:blancdenoirs:20210828153448j:plain

銘柄 フロンテラ カベルネ・ソーヴィニョン ヴィンテージはたぶん2020です。

品種 カベルネ・ソーヴィニョン

地区・原産国 セントラル ヴァレー チリ 

生産者 コンチャ・イ・トロ 

748円(税込)

 

今更フロンテラをアップしますかと言われそうですが・・・。

いやいや、基本のワインです。

この日、仕事帰りに当社会長と落ち合って夕食について協議がかりました。

いいかげん暑くてつくるのもしんどいし、なんとなくファーストフード系が

食べたいなということになりました。

落ち合った場所のすぐ近くでケンタッキーを発見。

これがいいかと購入に至りました。

まだ少しスーパーで買い物があり、ワインをどうしようかと物色。

すぐに、フロンテラがばっちりに違いないと決定。

お財布にもやさしい税抜き680円。はずしてももったいなくない価格。

早速開栓。

色は透明感のある赤紫。プルーン、ダークチェリーのような感じ。

後味は甘め。でも嫌な感じはナシ。

サイドメニューのポテトフライに合わすとカリフォルニアワインのよう。

結構しなやか、シルキーに。

チキンには言うことなしの満足感。

改めて見直しました。この価格帯はよくできた高コスパなワインの

激戦区ですから飲み手にとってはいい感じです。

ほんと、基本の安うまワインです。

 

ロエロ アルネイス ダイヴェイ 2019

f:id:blancdenoirs:20210822162339j:plain
f:id:blancdenoirs:20210822162351j:plain

銘柄 ロエロ アルネイス ダイヴェイ 2019

品種 アルネイス

地区・原産国 ピエモンテ イタリア

生産者 デルデット

1639円(税込)

 

この日のご飯はピザ。

マルゲリータ、ラザニア風味、ベーコンとキノコの計3種類。

見た感じ白ワインがあいそうだったのでこのワインをチョイス。

というか白ワインはこれしかなかったので。

色は薄い麦わら色。クリーミーでバランスよくボディ感もしっかり。

ミネラル感もあり複雑な味わい。ちゃんと辛口なワインです。

ソービニヨンブランのような草のような感じもあり。

マルゲリータだとワインのコクが上昇。

ベーコンとキノコだと酸とキノコが香ります。

ラザニアでも総合感があがりいい感じ。

おいしい白ワインです。とってもよくできていて

お寿司にもあいそうな予感。

コート デュ ローヌ ルージュ ヴィエイユ ヴィーニュ 2018

f:id:blancdenoirs:20210822162401j:plain
f:id:blancdenoirs:20210822162410j:plain

銘柄 コート デュ ローヌ ルージュ ヴィエイユ ヴィーニュ 2018

品種 シラー

地区・原産国 コート デュ ローヌ フランス

生産者 ドメーヌ ダンデゾン 

1221円(税込)

 

この日のご飯はお好み焼き。

当社本店は大阪ですので当然大阪流。

このワインが合うのではないかと抜栓。

赤ワインを飲み始めたころ、よくこの蔵の同じ銘柄のワインを飲んでました。

とてもおいしかった記憶があります。久しぶりに見つけて購入。

でもお値段がとっても安くなってました。昔の半額近い価格です。

 

色は濃い赤紫。少し酸味が目立ちましたがすぐにおさまりスミレ、

何となくプラム、バラそしてチョコな感じ。

なめらかで、コクがあり繊細さも併せ持ついいワイン。

お好み焼きにあわすとプルーンな感じ。

シルキーさが出ました。とてもお高いワインのよう。

抜栓して40分ほど経つとちゃんとシラーが主張。

シラーズではありません。

複雑に入り組んだ味で、嫌味のない厚い味わいでした。

おすすめ品です。

ダッシュウッド・マールボロ・ピノノワール 2019

f:id:blancdenoirs:20210828153415j:plain
f:id:blancdenoirs:20210828153425j:plain

銘柄 ダッシュウッド・マールボロピノノワール 2019

品種 ピノノワール

地区・原産国  マールボロ ニュージーランド

生産者 ダッシュウッド

1617円(税込)

 

以前、このワイナリーのソービニヨンブランがとってもよかったので購入しました。

ピノも飲みたかったのでみたかったのでちょうどよかったのです。

この日のご飯はトンテキを焼いてバルサミコソースを降りました。

あとはサラダ。トンテキの下にはしめじ、パプリカを炒めたものを敷物にしました。

さて、期待しつつ開栓。

色はやや濃い目の赤紫。ほんのかすかにミントのような香り。

基本的にはベリー系の香りです。ピノというには少々違和感。

なぜならとっても甘い。酸味、ボディがちゃんとあっていいワインなのですが

当社的には甘い。飲み飽きしそうな予感。

なのでクーラーにいれて冷やしながら飲みました。

もともと12度設定のセラーで保管していたので

温度的には低めだったはずなのですが甘い。

おいしいワインで、ピノらしさもあるのですが正直しんどかったです。

ちなみにトンテキバルサミコソースとの相性はばっちりでした。