宅飲み安うまワイン

家で飲んだ安くておいしいワインの記録。

カザスカルパ バルベーラ・ダスティ 2017

f:id:blancdenoirs:20210620154902j:plain
f:id:blancdenoirs:20210620154940j:plain

銘柄 カザスカルパ バルベーラ・ダスティ 2017

品種 バルベーラ

地区・原産国 ピエモンテ イタリア

生産者 スカルパ

1848円(税込)

 

この日のご飯は手羽中の南蛮、小松菜とえのきのポン酢和え。

ごま豆腐。

何を開けようか迷いましたがこれがよさそうかとチョイス。

色は紫強めのきれいな赤紫。エッジからきれいなグラデーションで

濃くなっていく紫とうっすらピンク。

第一印象はとってもベリーな核にすみれ、プラムのミックス。

ごま豆腐にあわせるとふわっと広がる酸味とチェリー感。

そしてなぜか禅寺なイメージ。

サラダに入っていたトマトだとさらに広がるイタリアンな世界。

小松菜えのきのポン酢和えだと水平に広がるやや控えめな酸味。

そして絶妙なタンニン。時間がたつとかすかに甘味を感じました。

手羽中はさすがにベストなマッチング。いい酸味がすっと突き抜け、

コク、深み、繊細さが爆発。そしてスモモやいちごのようなニュアンスが

出ます。同じバルベーラでもアルバより高音よりの味かな。

とってもしなやかでおいしいワインでした。

 

 

ポル・ジェス・ブリュット

f:id:blancdenoirs:20210620154830j:plain
f:id:blancdenoirs:20210620154847j:plain

銘柄 ポル・ジェス・ブリュット

品種 ピノ・ノワール 55% ピノ・ムニエ 40% シャルドネ 5%

地区・原産国 シャンパーニュ フランス

生産者 G・Hマーテル

2618円(税込)

 

ちょっとしたお祝い事があった日。

こんな日はシャンパーニュでしょ。

ということで当社御用達のお気軽シャンパーニュであるこのワインをチョイス。

色はピンクゴールド。抜栓した瞬間に瓶口から舞い上がるトースト香+甘めの香り

味はいかにもシャンパーニュなわかりやすい味。

かすかにトロピカル。すっきりした酸。コクと繊細さが同居していいバランス。

ボディだってしっかり。泡も細かく繊細。

この日の夕食はホタテのカルパッチョとお寿司。超贅沢です。

ホタテのカルパッチョはサラダ代わりなのでカイワレとベビーリーフ、

トマトを小さく角切りしたものをたっぷり載せました。

ホタテのカルパッチョにあわせるとシャンパーニュの味が立方体になって

どかんと広がります。そして、カイワレの苦みがシャンパーニュといい相性なのに

驚きました。お互いを引き立てます。

お寿司にはなんでもOK。

生臭さなしで、魚が香ります。結構脂がのったマグロでも問題なし。

シャンパーニュにコクがでます。

泡ものはオールマイティですね。

当社的には、シャンドンやクリコよりおすすめかも。

コスパシャンパーニュです。

キアンティ 2018

f:id:blancdenoirs:20210612112643j:plain
f:id:blancdenoirs:20210612112655j:plain

銘柄 キアンティ 2018

品種 サンジョベーゼ、カナイオーロネロ

地区・原産国 トスカーナ イタリア

生産者 ロッジャコンティ

958円(税込)

 

安うまキアンティの見本のようなワイン。

以前にもアップしています。

同じ生産者のクラシコつきが1100~1200円ほどで買えますが

クラシコなしでも十分おいしい。

がぶ飲みできる安心価格です。

色は透き通ったルビー。

プルーン、干しシイタケ(癖はありません)のようなアフター。

スミレ、ダークチェリーのようなニュアンス。

スミレ感、ベリー感もあって結構複雑。

この日のご飯は当社の金曜名物ミートソースパスタ。

もう、ぴったりです。ミートソース(少しドライトマトが入ってます)

にあわせると、なめらか且つフルーティに。

とってもいい感じです。

最初は低め(12度ぐらい)だったのですが

温度があがると複雑さが増して繊細さもでました。

イオン系のスーパーでおいてると思いますので

ぜひ一度お試しください。

グレネリーエステートリザーブレッド 2013

f:id:blancdenoirs:20210612112620j:plain
f:id:blancdenoirs:20210612112631j:plain

銘柄 グレネリーエステーリザーブレッド 2013 

品種 カベルネソーヴィニョン47%、メルロ23%、シラーズ15%、

   カベルネフラン11%、プティヴェルド4%

地区・原産国 ステレンボッシュ 南アフリカ

生産者 グレネリー

2497円(税込)

 

まともや南アフリカワイン。

以前にもアップしたことがあったような・・・。

でもとってもいいワインなんで2本目です。

この日のご飯はローストビーフ、ポテサラ、パン数種類。

ローストビーフならこのワインでしょうと抜栓。

色はとても美しい赤紫。

熟して酸味控えめのプラム、絶妙なタンニン、複雑かつ繊細

そしてコクがすべての味と混然一体となったいい味です。

メルロー由来のコーヒー感もあり。

ボディもしっかりしますが飲み飽きは全くなし。

高価なボルドーよりおいしいかも。

 

パンはオレンジピールクリームチーズが入ったもの、

ライ麦パン、チェリートマト入りのパンがありました。

オレンジピールのパンだとワインの味がふんわり広がって

やわらかな印象になりました。

ライ麦パンでもいい感じでワインのコクが増します。

チェリートマト入りだとトマトの甘味がワインといいマッチングで

果実由来の甘味といい渋みがでました。

ポテサラだとカベルネ感が前に出て絶妙の酸味と渋みがいい感じに。

ほんと素晴らしいワインです。

ぜひ一度お試しください。

 

 

アリスタルゴス 2017 

f:id:blancdenoirs:20210612112555j:plain
f:id:blancdenoirs:20210612112607j:plain

銘柄 アリスタルゴス 2017 

品種 シュナンブラン58%、ヴィオニエ14%、クラレットブランシュ13%、

   セミヨン7%、ルーサンヌ5%、マルサンヌ3%

地区・原産国 スワートランド 南アフリカ

生産者 デイビット&ナディア

3190円(税込)

 

ここ最近の一押しの蔵。

このワイン、定価なら5000円ぐらいなのですがネットで大バーゲン価格で発見。

つい2本買ってしまいました。ちなみに以前ご紹介したセミヨンもお安くなってた

ので2本買いました(やりすぎ。)。

梅雨入りしてとても蒸し暑かった日の夕食はホタテのアヒージョ、サーモンと

きゅうり・ザーサイのコチュジャン和え、ガーリックライス。

このメニューだとまさしくこのワインの出番かと。

色はとってもイエローゴールド。少し乳酸系の香りがして

熟したパイナップルみたいな香りがあとから追いかけてきます。

しゃっきりしたいい酸味とふわっと広がるかんきつ系とトロピカル系が

うまくバランスした味が最初に来たあとにだんだんクリーミー

舌触りとなっ洋ナシ系の味に落ち着きました。

ものすごく複雑で繊細かつしっかりボディのいい味です。

口の中でワインがころころ転がる感じ。

ホタテのアヒージョだとワインの味もホタテの味も濃厚になり

ワインはクリーミーさを増しました。あとから磯の香りがいい感じで

追いかけてきます。

ザーサイだと少し渋みが出てからワインの味が広がります。

ガーリックライスだとワインの香りが舞い上がってとてもいい感じ。

こってりしつつ嫌味ないワインで温度が上がるにつれて

熟したマンゴーにキウイを足したようなトロピカルさを

出しつつ、どんどん複雑さを増していきました。

ものすごいワインです。

絶品。

ダンシングフレイム ブリュット

f:id:blancdenoirs:20210606171041j:plain
f:id:blancdenoirs:20210606171055j:plain

銘柄 ダンシングフレイム ブリュット

品種 シャルドネ ピノノワール

地区・原産国 セントラルヴァレー チリ 

生産者 ルイス フェリペ エドワーズ

990円(税込)

 

今日は何を飲もうかなと立ち寄ったスーパーで思案。

1000円クラスを物色。

そこで発見したこのワイン。

「おぉ?ダンシングフレイムの泡ものなんてあったんかい!!!」

価格は泡ものだししょうがないかなと。

でも白ワインであれだけ好印象のメーカーだし。

期待を膨らまして購入。

当然その日のうちに抜栓。ただし、6時間ぐらい冷蔵庫で保管。

飲む15分前に冷蔵庫から取り出しました。

 

色はとっても薄い金色。ほぼ透明です。

色をみた段階で少し違和感。

だって、同じ蔵の白ワインでもこんなにいろは薄くない。

抜栓した瞬間にはイースト香が舞い上がっていい感じでした。

味は少し甘めであとから苦みがきます。

かすかにピノ由来と思われるベリー感。

同じ蔵のシャルドネにほんのちょっぴりピノを垂らして泡を入れた感じ。

泡はシャンパーニュ並みの細かさ。

当社的には同じ価格帯のスパークリングならバルディビエソの圧勝。

この日は食後に飲んだのですが、おかきをつまみながら飲みました。

醤油味のおかきにはとっても合いました。

コクが出て中間域?があがります。

素焼きのおかきなら味がまんべんなく広がって(でもすこし物足りない)、

あとからもち米の香りがふんわりと。

グルテンフリーのイチゴクッキー(いただきもので結構高そう)だと

イチゴがふんわり香ってものすごく引き立て役に(ワインが)。

生クリームやバターの香りもします。

クエン酸みたいな感じも出ました。

ダンシングフレイムってとっても注目の良いメーカーだと思いますが

このワイン、このボトルに関しては正直・・・・。

 

メスタ テンプラニーリョ ロゼ オーガニック 2018

f:id:blancdenoirs:20210606171006j:plain
f:id:blancdenoirs:20210606171030j:plain

銘柄 メスタ テンプラニーリョ ロゼ オーガニック 2018

品種 テンプラニーリョ

地区・原産国 DOウクレス

生産者 ボデガス フォンタナ

968円(税込)

 

この日のご飯はエビとブロッコリーのオイルソースパスタ。

キノコも入ってます。ミックス野菜の千切りとパプリカのマリネのサラダも一緒に。

で、ほんとはヴェルディッキオがいいと思ったのですが、

飲む当日では見つからず。(1000円ワイン)

次善の策としてこのワインが見つかりました。

 

くいっと開栓。

色はグラスに注ぐと写真よりきれいな明るめのピンク。

梅酒みたいです。

開栓したての味も梅に桃をたしたような、すももみたいな味。

しゃっきりとした酸味と甘いアフター。

でも芯はしっかりしたある味。とっても優しい味です。

時間が経つと甘みから入って酸味に抜ける。

白桃+梅酒の味。
サラダに合わせるとマリネのせいか桃の味が顕著に。

パスタだとエビの香りがパンっと出た後にイチゴ感が全開に。

ドイツのリースリングみたいな感じになりました。

最終的にはよく熟したおいしい酸味控えめなイチゴみたいな

味になりました。

とてもよくできたワインです。

赤か白か迷ったときにおすすめ。

ただし、甘めのワインがだめな方にはいまいちかも。

でも、甘いワイン、知らないと損しますよ。